中心性網膜症で視力が低下。併発する症状は?


中心性網膜症になると、視力が低下するのはご存知かと思いますが

実際には単純に視力が低下するわけではなく、

小さく見えたり、歪んで見えたり、

暗くなったりして、その結果として視力検査の数値が低下します。


では、実際に中心性網膜症の際、視野にどういった変化が現れるのでしょうか?

そして、私生活にはどういった影響が現れるのか、

説明していきたいと思います。





中心暗点と少視


中心暗点と少視

まず、最初に気付くのがこの2つではないかと思います。

普通に生活していたある日、小さな文字が読みにくい・・・

おかしいと思って片目にしてみると、

なんとなく視野の中心が暗く感じる。

特に、瞬きをした場合に暗い部分が明確に判別できる。


もう少し調べていると、やはり視野の中心がゆがんで、

ものが小さく見える。。。

これは明らかにおかしいと感じ、慌てて目医者にかけこむ。


アナタの症状は「中心性漿液性脈絡網膜症です」と。

今まで聞いたことのない病名を伝えられる。


日常生活にはあまり影響はないけど、

視界の中心がやや暗く、小さく見える。

気になりはじめるとうっとうしいですが、

2?3週間もすると、症状は気にならなくなってくる。

こんな方が大半だと思います。




視力の低下


視力の低下

先程の説明の通り、中心性網膜症では、

まず中心暗点と少視に気付きます。

そして、これらの症状が現れれば当然、視力は低下します。


視力検査の数値では20%?30%ダウンくらいでしょうか。

1.0だった視力が、0.8とか0.7とか。


もちろん、この場合の視力の低下は、

メガネやコンタクトレンズでは改善することは難しいです。


もちろん、もともと視力が悪い人は、

ピントが合うので、その分視力アップしますが、

視野の暗さや、小さく見える部分に関しては、

残念ながら、視力矯正で治すことはできません。




色味の変化・コントラストの低下


色味の変化・コントラストの低下

中心性網膜症といえば、中心暗点や小視に伴う

視力の低下が最も一般的です。

しかし実際には、目に薄いフィルターがかかるようなものなので、

色味の変化や、コントラストの低下といった症状も現れます。


具体的には、色味がボヤける場合が多く、

白色が薄い黄色っぽく見えるようになります。

また、色は全般的に薄く見えるようになるので、

黄色も薄黄色に見えるようになります。

もう一歩踏み込むと、全ての薄い色が、

白−薄黄色に感じる場合が多いのではないでしょうか。


また、逆に濃い色の判別も難しくなります。

紺色や茶色が黒く見え、

黒色もボヤケて見えるので、

濃いめの色は全て黒く見えるようになってしまいます。


もちろん、車の運転で信号の赤青黄が

区別つかなくなるわけではないので、

日常生活にはほとんど影響はありません。




【暗い部屋だと、尚更見えにくい!】


暗い部屋だと、尚更見えにくい!

中心性網膜症になると、目に入ってくる光量が少なくなります。

そのため、中心暗点が感じられるわけですが、

当然、暗い部屋での視力低下が顕著になります。


家の中、蛍光灯の下では中心暗点が顕著に現れますが、

天気の良い日に外に出ると、中心暗点がほぼ解消されます。

中心性網膜症を忘れてしまうくらい、

視力が元通りになるのを体感できます。


ただ、紫外線の強いところに長時間滞在していると、

中心性網膜症、網膜には負担が大きくなるので、

外にいるのは短時間避け、サングラス対策はしっかり行いましょう。


また、夜であっても、光っているものはよく見えます。

強い照明や明るいLEDは案外良く見えます。

運転中でも信号機は見えやすいですね。




いずれの症状も短期でなら、完治しますが、

長期間回復しないと、後遺症が残ってしまいます。

早急に回復したい場合は、こちらのサプリがオススメ。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

マリーゴルードから抽出されるルテイン




中心性漿液性脈絡網膜症を改善した感動のサプリメントランキング ページトップへ

中心性網膜症に悪影響の生活習慣。これで悪化&水漏れ発症!
寝不足と夜更かしは網膜を痛めます!
喫煙・タバコは中心性網膜症の大敵!
パソコンやスマホが目や網膜に与えるダメージをバカにしない!
ストレス社会が目や網膜にも悪影響!
強い太陽光は目や網膜の負担となっている
暴飲暴食は不健康の象徴、目の新陳代謝にも悪影響が!
近視、遠視、乱視と網膜の関係
薬膳料理で目を守る
目も凝っている・目のまわりの筋肉をほぐしてストレスを解消
中心性網膜症に良い生活習慣。これで回復&予防!
たっぷり睡眠で網膜休憩。新陳代謝で高速回復!
蒸しタオルで目の疲れを癒やす。網膜の血流もアップ!
バランスの良い食事で、目や網膜に欠けている栄養素を補給しよう!
目や網膜の健康のため、緑黄色野菜を積極的に食べよう!
ブルーベリーが目や網膜に良い。その秘密はアントシアニン!
サングラスで強い日差し、紫外線を防いで網膜疲労を予防しましょう!
目、網膜に優しい色・優しくない色は存在する?緑色はどう?
正しい目薬のさし方を知ってる?間違うと目や網膜にダメージが!?
本の読み方を正しくすることで、網膜のダメージ軽減!
コンタクトレンズを正しく使って網膜を保護しよう!
ビタミンEのアンチエイジングや抗酸化で中心性網膜症を予防できる?
ビタミンCの抗酸化作用や肌ツヤ効果で中心性網膜症対策を
睡眠時のアイマスクで中心性網膜症を予防。ぐっすり眠って目の血流も改善!
中心性網膜症発症!医者で行う治療は?
中心性網膜症にはどんな薬が効果あるのでしょうか?
中心性網膜症の医者での治療について。レーザー治療の効果とデメリット
中心性網膜症の医者での治療、目薬の効能について
中心性網膜症の対策や症状の詳細
中心性網膜症を発症する人の特徴
中心性網膜症を予防する日常生活の送り方
中心性網膜症で視力が低下。併発する症状は?
眼病にメリットある最新のサプリメント
一目瞭然Wを最安値購入。ルテイン20mgで一目瞭然の視界を。
ルテインのちから【ルテイン+ゼアキサンチン】を最安値で購入する方法