パソコンやスマホが目や網膜に与えるダメージをバカにしない!


パソコンやスマホが目や網膜に与えるダメージをバカにしない!


スマホ使いすぎは中心性網膜症に悪い

いつでもどこでもネットの情報を閲覧できるスマートフォンですが、

熱中しすぎるあまり目を悪くしてしまう人が多発しています。

特に寝る前に部屋の電気を消した状態で

スマホを操作していると目に深刻なダメージを与えてしまうのです。

少しくらいなら大丈夫と思っていても、

パソコンやスマホにはブルーライトが含まれます。

ブルーライトは網膜へのダメージを少しずつ蓄積していき、

そのうち視神経や網膜に大きな支障をきたしてしまいます。


中心性漿液性脈絡網膜症に悩む人は、

ブルーライトによる網膜のダメージに気をつけましょう。


今回は寝る前のスマホがどのように悪影響、ダメージを与えるのか、

またその対策についてご紹介します。




暗い空間でのスマホは目にも脳にも負担がかかる


暗い空間でのスマホは網膜に負担がかかる

私たちの目は瞳孔によって外から入ってくる光の量を調節しています。

昼間や蛍光灯の下のような明るい場所では瞳孔が狭まり、

目に入る光の量を少なくします。

一方で暗く光が少ない場所では瞳孔を広げ、

できるだけ目の中に光を取り入れることでものが見えるようになります。

当然、網膜まで届く光も強くなり、ダメージ増大。

中心性網膜症には悪影響です。


明るい場所から暗い場所に移動した時、

最初は真っ暗で何も見えなくても、

時間が経てば目が慣れて視界が確保できるようになりますよね。

反対に暗い場所から明るい場所に移動した時には

明るすぎて思わず目を覆ってしまうでしょう。

これは目に入ってくる光の量が急激に変化することで起こる現象です。


照明を消した部屋、つまり暗くなった空間の中では瞳孔が広がります。

光を多く取り入れようと目が順応している時に

明るいスマホの画面を見ると、

強烈な光の刺激が網膜を刺激することになります。

当然、ブルーライトも多量に入ってくるので、

網膜にも強い負担がかかります。

中心性網膜症を悪化させないためにも

暗い部屋ではスマホはやめておきましょう。



網膜に強い負担がかかる


昼間にスマホを操作している時は何も感じないのに

寝る前に操作しているとなんだか疲れる、

というのはこれが原因です。


網膜への強い刺激はそのまま脳へ送られます。

脳にとって寝ることと休息をとることはイコールなのですが、

強い刺激を脳が感知することで休息をとる準備ができなくなってしまいます。

このように寝る前のスマホは目にも脳にも大きな負担をかけてしまうのです。



長時間のスマホはピント調節機能を低下させる


長時間のスマホは中心性漿液性脈絡網膜症に悪影響

近くのものから遠くのものへ目を移す時、

目はピントを調整することでその姿をハッキリと捉えることができます。

ですがスマホのように長時間同じ距離にあるものを

見続けているとピントを調節する機能が弱まってしまいます。


暗い場所では通常よりも目に負担がかかることは

先ほども述べた通りです。

寝る前のスマホはいつの間にか1時間も2時間も

経っていたということもあるでしょう。

そんな生活を繰り返していると視力はどんどん下がってしまいます。




夜にスマホを使っても目を傷めないようにするには


網膜のダメージを減らそう

一番の理想はスマホの使用を避けることですが、

スマホが当たり前になっている以上それは難しいでしょう。

それならばせめて部屋の電気を消す前に

スマホでやるべきことをやってしまうべきです。


布団に入ってから通知が来ることを避けるため、

寝ている間は通知を切っておくことも大事です。

とはいえ家族や友人から連絡がきたときに返事を返せないと嫌だ、

という人もいるでしょう。

そんな人はあらかじめ身の回りの人たちへ

「この時間にはすでに寝ているから連絡しても返すことができない」

というように伝えておきましょう。

そうすることで、網膜に入るブルーライトの量を減らし、

中心性網膜症の人には少なからず網膜のダメージを減らすことができます。




まとめ


眼精疲労と中心性網膜症

目に負担が増していくと眼精疲労につながります。

眼精疲労はストレスや体全体の不調につながることもありますので、

寝る前にちょっとくらいと甘く考えず、

部屋の電気を消した後はスマホに触れない環境を整えましょう。


パソコンやスマホの使い過ぎによる

網膜に突き刺さるブルーライトを削減して、

中心性網膜症をしっかりケアしましょう!





治りにくい中心性網膜症に悩むなら、

オススメのルテインサプリメントをご確認ください!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

中心性網膜症サプリメントランキング



中心性漿液性脈絡網膜症を改善した感動のサプリメントランキング ページトップへ

中心性網膜症に悪影響の生活習慣。これで悪化&水漏れ発症!
寝不足と夜更かしは網膜を痛めます!
喫煙・タバコは中心性網膜症の大敵!
パソコンやスマホが目や網膜に与えるダメージをバカにしない!
ストレス社会が目や網膜にも悪影響!
強い太陽光は目や網膜の負担となっている
暴飲暴食は不健康の象徴、目の新陳代謝にも悪影響が!
近視、遠視、乱視と網膜の関係
薬膳料理で目を守る
目も凝っている・目のまわりの筋肉をほぐしてストレスを解消
中心性網膜症に良い生活習慣。これで回復&予防!
たっぷり睡眠で網膜休憩。新陳代謝で高速回復!
蒸しタオルで目の疲れを癒やす。網膜の血流もアップ!
バランスの良い食事で、目や網膜に欠けている栄養素を補給しよう!
目や網膜の健康のため、緑黄色野菜を積極的に食べよう!
ブルーベリーが目や網膜に良い。その秘密はアントシアニン!
サングラスで強い日差し、紫外線を防いで網膜疲労を予防しましょう!
目、網膜に優しい色・優しくない色は存在する?緑色はどう?
正しい目薬のさし方を知ってる?間違うと目や網膜にダメージが!?
本の読み方を正しくすることで、網膜のダメージ軽減!
コンタクトレンズを正しく使って網膜を保護しよう!
ビタミンEのアンチエイジングや抗酸化で中心性網膜症を予防できる?
ビタミンCの抗酸化作用や肌ツヤ効果で中心性網膜症対策を
睡眠時のアイマスクで中心性網膜症を予防。ぐっすり眠って目の血流も改善!
中心性網膜症発症!医者で行う治療は?
中心性網膜症にはどんな薬が効果あるのでしょうか?
中心性網膜症の医者での治療について。レーザー治療の効果とデメリット
中心性網膜症の医者での治療、目薬の効能について
中心性網膜症の対策や症状の詳細
中心性網膜症を発症する人の特徴
中心性網膜症を予防する日常生活の送り方
中心性網膜症で視力が低下。併発する症状は?
眼病にメリットある最新のサプリメント
一目瞭然Wを最安値購入。ルテイン20mgで一目瞭然の視界を。
ルテインのちから【ルテイン+ゼアキサンチン】を最安値で購入する方法